デザイン髭はおすすめの髭脱毛サロンで可能

デザイン髭はおすすめの髭脱毛サロンで可能

男性

大注目の髭デザインとは?

髭デザインとは、その名の通り全剃りするのではなく髭をデザインして格好良く見せることを言います。シンプルなデザインは、顎髭、口ひげなどです。色が濃い場合は、髭脱毛で薄くすることができます。またワイルドな見た目にするなら、某人気アイドルグループの髭をまねたり、囲み髭でよりダンディさを出したりします。小顔効果が実現できるおしゃれなデザインは、東京によくいる今時男子に近づけるでしょう。

髭脱毛の必要性

濃い毛の場合、髭剃りをしても青く残ってしまったりぶつぶつと黒い点が目立ったりとマイナスしかありません。写真にも写るので苦痛に感じる人もいます。また、剃った後の髭はじょりじょりするので子供と顔をすり合わせる時に痛がります。髭脱毛をすることで、口全体を覆っていた青髭がなくなり、目立たなくなります。手入れも楽になり、髭があることで年上に見られることがなくなるでしょう。

髭脱毛のデメリットとは?

処理が楽になる、自分に自信が持てるなどのメリットはありますが、施術に痛みを伴うデメリットもあります。毛穴の毛乳頭にある毛細血管に神経が通っているので痛みが出るのは普通でしょう。痛すぎて涙がにじむ人もいるので、これさえなければ受けるのになんて方もいます。東京でおすすめのサロンでは、痛み対策に各麻酔を用意しているので痛みを気にせず施術が受けられます。

脱毛方法を徹底比較

フラッシュ脱毛

今はどこのサロンも、フラッシュ脱毛を採用していますよね。効果が出るまで一年近くかかりますが、広範囲に渡って照射できるため短い時間で効率よく毛の処理ができます。また、痛みが少ない点も魅力的でしょう。値段も安いので手軽に試せます。

ニードル脱毛

医師免許がなくても受けられるのがニードル脱毛の特徴です。フラッシュ脱毛のように照射しきれないということがなく、毛を根本から抜くので再発する確率が減ります。費用はフラッシュ脱毛より高額になりますが、再発させたくないという思いが強い人は迷わずニードル脱毛を選んでいます。

体験からわかる髭脱脱毛の裏側

髭脱毛が初めての場合は、施術や髭脱毛後の様子を綴っているブログを読んでみるといいかもしれません。情報収集に役立ちますし、どの程度痛むのか、また効果のある施術方法はどれなのかという部分を知れます。

広告募集中